代表あいさつ

ささ子レーシングは、2012年に発足した軽自動車レースチームです。
新規格NAという新しいカテゴリに、レース経験のない素人が、
「あまりお金をかけずに楽しめる」チームとして参戦、チャレンジしています。

2011年からスタートした「東北660選手権」への「痛車出場」を目指したこのチームは、2012年3月17日の横転の悲劇を乗り越え、テスト参戦を経たのち、2013年シーズンを痛車で戦いぬきました。
2015年にはクラス優勝も達成し、注目度も高くなりました。
2016年、のれん分けした兄弟チームが台頭し、同じピットで切磋琢磨しています。

レースの世界、雰囲気を知らない人にもピットに遊びに来て、楽しんで欲しい。
そんな想いから、チームののぼり旗や無線通信システム、サインボードなど、
「見かけだけはワークスチーム」のコンセプトに、多くの仲間が集ってくれました。

ぜひ皆さんも、ささ子アルトを見に、レースの熱い空気を感じに、サーキットへ足を運んでください。
そして、経験豊富なドライバーを中心に、元気で愉快なクルー陣と共に2017シーズンを戦うささ子レーシングを、ぜひ応援して下さい。サーキットで、待ってます。

ささ子レーシング 代表 熊谷雄一

ささ子とは?

ささ子レーシングのイメージキャラクターです!
ささ子レーシングでは、オリジナルキャラクターでの痛車参戦を行なっております。
既存のキャラクターではなく、オリジナリティを出して走りたいという考えからです。
ささ子レーシングの母体である代表熊谷の運営する「笹谷部」のイメージキャラクターである
ささ子をチームの名前として、レースを通して多くの方に知ってもらえるよう、
レース活動とささ子の知名度向上に向けて努力しています。

瀧爪獅乃さんに車体イラストを依頼!
ささ子レーシングの痛車参戦にあたり、痛車モータースポーツにも造詣が深い
瀧爪獅乃さんにささ子イラストを依頼!
元気で可愛いささ子に会いに、サーキットにぜひ足を運んで下さい!